内閣府より移管されて企業主導型保育事業の実務を担っている公益財団法人 児童育成協会より、企業主導型保育施設において、新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について、公式発表がありました。

先だって令和2年2月18日付で、厚生労働省より認可保育所において、新型コロナウイルス感染症が発生した場合、必要に応じて市区町村等より臨時休園等が要請されることが発表されましたが、企業主導型保育施設においても、同様の要請がなされることが通知されました。

「新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について」(公益財団法人 児童育成協会 「企業主導型保育事業ポータルサイト」)